WBCワールドベースボールクラシック観戦記HOMEへ


WBC大会前の準備、WBCチケット購入について

WBCをほんとに見に行けてラッキーでした。会社で休暇がたまっていたので、たまたまベースボールの世界大会のしかもWBC第1回大会が開催されるので、それに合わせて会社から休暇をいただきました。まさか、これほど感動し、盛り上がるとはその時は思ってもいませんでした。今後、WBCは歴史を刻んでいくことでしょうから、その第1回大会を生で観戦できるということは、いい経験になると思いました。いつも思い立ったら旅行に出かける性格なので、特に準備をしたというものでもありませんが、日本を立つまでの経緯などを記します。

航空券とホテルは近所の旅行代理店へ

アメリカは、毎年ヤンキースを観るためにニューヨークなど行っていますので、ある程度勝手が分かります。準備といっても、航空券とホテル、それに西海岸なのでレンタカーを予約しておけば、大丈夫だろう、という感じでした。航空券とホテルは、実家の近所にある代理店でいつも格安でチケットを取ってもらうことにしており、東京ロサンゼルス往復と、アナハイムのヒルトンホテル4泊を予約して合計で13万8千円。安いかどうか分かりませんが、こんなものだと思います。5泊目からのホテルは、現地調達です。まぁ、モーテルでも構わないし、もし勝っても負けてもロサンゼルス観光でもして帰ろうと思っていました。万が一決勝に残った場合は、サンディエゴに決勝トーナメントを見に行くかはその時に決めようと思っていました。それとレンタカーは、ロサンゼルス空港のハーツレンタカーをネットで予約しておきました。清算は、車を返す時に自動でできるので、レンタカーは予約だけ。ハワイなどによく行きますが、アメリカではいつもハーツレンタカーを使っています。

WBCの観戦チケットは直接アメリカの代理店へ

ワールドベースボールクラシックの試合チケットは、ヤンキースタジアムのチケットを毎年お世話してもらっている、あっとニューヨークさんに御願いしました(WBCのチケットはこのページから)。アメリカのスポーツ観戦のチケットを扱っている現地の会社で、いつもわたしの限りある予算で、できるだけいい席を探してくれます。観戦チケットをいつも手配してくださるのが樋口さんという方で、細かい要望にも親身になって応じてくれます。ソルドアウトの試合でもチケットを何とかしてくれるのでMLBファンのわたしにとってはいないと困る存在です。お勧めしておきます。

WBCのチケットをメールで伺いましたところ、まだジャパンチームのアジアリーグが終わっていないので、対戦日程が決っていないとのお返事。いづれにせよ、2次リーグは、現地の3月12日からスタートするわけですから、少なくとも2試合は見れます。一応、日程が決ったら、アメリカ戦を必ず入れてもらって、400ドル以下の料金で、2試合分のチケットを手配して貰うよう返信しておきました。

日本チームの対戦相手が決定

ようやくWBCのチケットが取れたとメールをいただきました。3月12日のアメリカ戦と、3月14日のメキシコ戦です。アメリカ戦は、1回席フィールドVIPというセクションで、バックネット裏4列目とのこと。こちらが$200。メキシコ戦は、日本側のベンチ裏の5列目で、これもフィールド席。$120。送料は$37か$38くらいだったと思いますが、これを$30にまけてくださいました。毎年のお付き合いですから安くしてくださったのか、、、?いつもしっかり手配してくださるので本当に助かります。結局、合計で$350をクレジットカードで落としてもらいました。思っていたよりも安くでフィールド席が2枚手に入りました(写真左側の2枚)。

日本からも大勢のツアー客が来ていましたが、そのほとんどは、2階席や3階席などの安い席で観戦していたようです。旅行会社に高い料金を払って来たのでしょうが、、、。それに比べて、自分で行動したぶん、随分得してフィールド席で観ることができました。やっぱり、持つべきものはネットワークですよね。

ロサンゼルス、アナハイム、サンディエゴのドライブ

アメリカのロサンゼルス空港についてからは、以下に説明いたしております。ドライブや地域情報も調べました。

■ アナハイム(エンジェルズ球場)について

■ サンディエゴ(パドレス・ペットコ球場)について

 

WBCアメリカ大会の総括を読む >>



WBC観戦記 WBC写真集 対戦国 (2006年の試合日)
@ WBCアメリカ戦の観戦記 T. WBCアメリカ戦写真集 (3月12日)
A WBCメキシコ戦の観戦記 U. WBCメキシコ戦写真集 (3月14日)
B WBCキューバ戦決勝の観戦記 V. WBCキューバ戦写真集(決勝戦) (3月20日)




WBC2006年アメリカ大会|観戦記および写真集 HOME /// 当サイトと作者について(著作権表示)
inserted by FC2 system